アイムス™の歩み

アイムス™の歩み

「研究革新」という信念を礎に

1946年の創設以来、アイムス™というブランドの生みの親であるポール・F・アイムスは、わんちゃんやねこちゃんがいつまでも健康で長生きできるという当たり前の幸せを実現するため、一切妥協のない高品質のペットフードを提供することを目指して、歩み続けました。
優秀なブリーダーや栄養学者たちとともに多くの時間を過ごした彼は、ペットフードに含まれるたんぱく質の重要性や脂質の役割など、多くの知識を得ます。膨大な時間をかけた研究で発見された成果は、やがてペットフード業界にイノベーションをもたらしました。「最先端の栄養価はペットの健康に多大な効果を与える」というポール・F・アイムスの信念 は、私たちの研究革新の礎(いしずえ)として、今なお息づいています。

  • 1940年代
    1940年代

    1940年代

    1946年、ポール・F・アイムスは、革新的な技術で高品質のペットフードを独自に開発、「犬や猫の健康に有用な最先端の栄養価を」という信念のもと、ペットフードの会社を起業。

  • 1950年代
    1950年代

    1950年代

    アイムス™ブランド初の製品「IAMS 999」を開発。動物性たんぱく質を主なたんぱく源としたペットフードの開発で早くから業界をリード。

  • 1960年代
    1960年代

    1960年代

    アイムス™が誇る優秀な研究者たちが11年もの研究から「IAMS®Plus」を開発。健康的な腸内環境をもたらすビートパルプ(砂糖大根から砂糖を取り除き精製した高品質の食物繊維)の重要性に注目し、当時からビートパルプを配合したレシピを開発。

  • 1970年代
    1970年代

    1970年代

    「IAMS®Chunks for Dog」を開発。同時にアイムス™のブランドロゴとして、親しみと共感を得ることなる「肉球マーク」がデビュー。

  • 1980年代
    1980年代

    1980年代

    ライフステージをベースとしたペットフードを発表し、子いぬ用ペットフードの販売を開始。アイムス™の特徴でもあるカラフルなパッケージが登場。ドッグフードに加え、アイムス™キャットフードもあわせて誕生。

  • 1990年代
    1990年代

    1990年代

    1995年、多くの愛好者からの後押しもあり日本での発売を開始。この時期の研究ではオメガ‐6脂肪酸・オメガ‐3脂肪酸と、健康な皮膚や毛並との因果関係を証明。

  • 2000年代
    2000年代

    2000年代

    子いぬ用製品すべてにDHAを加え、脳の発達をサポートする商品としてリニューアルを実施し、高く評価される。

  • 2010年代
    2010年代

    2010年代

    2015年、マース ジャパン リミテッドがアイムス™ブランドの販売を開始。多くのお客様、わんちゃん、ねこちゃんから一層愛される商品を目指して、2016年秋に大幅リニューアル。

製品についてのお問い合わせはこちら
[ マース ジャパン お客様相談室 ]

0800-800-5874

0800-800-5874

(土・日・祝祭日・年末年始を除く平日 9:30-16:00)

ページトップへ戻る ページトップへ戻る